10月例会 教えて!オリンピック・パラリンピックのちから「+1」from Fujisawa のご案内

オリンピック・パラリンピックを夢や希望のちからに!
一年後の開催に期待して、藤沢での受け入れと交流を進めよう!
ポルトガルのパラリンピック選手団とオンラインで繋がろう!
新型コロナウイルス感染症の影響により、一年間延期になってしまった東京オリンピック・パラリンピックですが、感染拡大防止のために臨時休校や各学校行事の中止が続く子供たちに、その機会を活かして、夢や希望を持ってもらいたいと願います。
パラスポーツを通して、学び、共感して、繋がろう!

中学生を対象としたオンラインによる講演並びに交流会を開催します。
パラスポーツをとおして共生社会の重要性を学び、オリンピック・パラリンピックをより身近に感じてもらうことで、期待感や楽しみを感じてもらい、大会をとおして夢や希望を感じてほしいです。
具体的には藤沢市の障害者スポーツ団体からの地域における障害者スポーツの現状をお話しいただいたり、日本でご活躍されているパラリンピアンの木村選手からバ ックグラウンドや競技についてお話しいただいたり、パラリンピックについての話や共生社会実現 への障害者スポーツの可能性を学んでもらいます。
また、パラリンピックの事前キャンプ地として共生社会ポストタウンの協定を結んだポルトガルパラリンピック委員会とオンライン上で繋がり、リアルタイムで現地のパラリンピアン等と交流し、日本だけなく、海外のパラリンピアンから海外での共生社会について聞きます。
そして、来年開催予定のオリンピック・パラリンピックを自分事のように関心を高く感じてもらうことで、地域と関わり、ただ楽しいだけのイベントではなく、人や 地域と繋がり感動や喜びに触れて、夢や希望を抱いてもらうイベントです。

『教えて!オリンピック・パラリンピックのちから「+1」from Fujisawa』
日付:2020年10月24日(土)
時間:15時から17時30分
場所:WEBミーティングアプリケーションZOOMを利用しWEB上で参加
費用:無料
応募:応募フォームにて申し込み
URL:https://forms.gle/G5K467JDfYbQbsDx8
定員:50名(抽選)
応募期間:9月15日から10月13日

【参加キット】参加者には事前に『参加キット』をお送りいたします。

【第一部】
『学習』
〇パラスポーツ・パラリンピックレクチャー 
講師:種田多化子氏(藤沢市障がい者スポーツ連絡協議会)
⇒市内の障害者スポーツの歴史と今についての話 これからの障害者スポーツについての話 

講師:木村敬一氏(水泳パラリンピアン、東京ガス所属) 
⇒ご自身の障害をとしたバックグランドやご経験の話 パラリンピックに対する思い、パラリンピックの魅力について

〇スポーツセンター映像 事前に撮影編集した動画の上映

〇ポルトガルについてレクチャー  
講師:在京ポルトガル大使館 日置圭一氏 
⇒ ポルトガルについて

【第二部】
『交流』
〇オンラインにてポルトガル選手から自己紹介 
〇ポルトガル選手から各種目について、パラリンピックへの意気込みなど語ってもらう
〇参加者からパラリンピック、ポルトガル、その他の質疑応答
〇子供たちからポルトガル選手へ応援メッセージなど伝えてもらう
〇ポルトガル選手から一言ずつメッセージもらう

Follow me!